ジェネリック医薬品について

皆さんは「ジェネリック医薬品」という言葉を聞いたことがありますか。

これは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、同等の品質で製造販売される同じ成分の薬で、「後発医薬品」とも言われます。実は、医療機関で出された処方せんをもとに薬局で受け取るお薬は、患者さん自身が、医師や薬剤師との相談の上で先発医薬品かジェネリック医薬品かを選ぶことができます。(以上厚生労働省の広報資料より抜粋

ジェネリック医薬品は、発売の前に厚生労働省の審査を受ける必要があります。この審査では、先発医薬品と同一の有効成分が同量含まれていることや、人間の体内で薬が溶ける速度や吸収される濃度などについての確認が行われます。

有効成分自体の有効性と安全性の試験は、すでに先発医薬品で行われていますから、ジェネリック医薬品は開発にかかる費用が先発医薬品よりも少なくてすみます。そのために、先発医薬品よりも安い価格で販売することが出来るのです。

またジェネリック医薬品は、先発医薬品と添加物が異なってもよいとされています。そのため、添加物を使って、先発医薬品とは異なる性質を付け加えることもできます。例えば“先発医薬品よりも薬の形を小さくする”“口の中で溶けるようにする”などの工夫が加えられたジェネリック医薬品もあります。(以上NHK今日の健康より抜粋)